注目の記事 PICK UP!

宴会客も常連さんに!飲食店でリピーターを増やす方法6選

飲食店で売上に欠かせない重要な顧客層としてあげられる「リピーター」。このリピーター獲得がうまく行くかどうかでお店の未来も大きく変わってきます。しかし、新規顧客がリピーターになる確率はおおよそ4割というのが現状です。この割合を増やし、足繁くお店に通ってくれるリピーターを生むための方法を紹介します!

新規顧客と既存顧客


飲食店を経営して行く上で、お客さんがいないと売上が立たないのは当然です。そのお客さんを「新規顧客」と「既存顧客」の大きく2つに分類することができます。新規顧客と既存顧客では集客にかかるコストがかなり違ってきます。

【1:5の法則】をご存知でしょうか?

【1:5の法則】とは顧客に商品を販売しようとする場合、既に商品を購入している顧客と比較すると、新規顧客を獲得するためのコストは5倍必要となるということを示しています。

既存顧客は1度お店に足を運んだ経験があり、良い印象があればまたリピートしてくれる可能性が高まります。

一方、今まで馴染みのないお店だとよっぽど魅力的な何かがない限り入店には至りません。あまり馴染みのない土地で食事を取る際、自然と地元や職場のチェーン店に足が向くのはどこにいても安心した同じ味が楽しめるからです。

このように既存顧客の方が入店して飲食をする障壁が低くなっているのがポイントになります。

リピーターを増やす、維持するのには他にもメリットがあります。それは「リピーターが新規顧客を呼んでくる」可能性があるということです。

本来、1:5の法則に当てはめると既存顧客の5倍のコストがかかる新規顧客をほぼノーコストで集めることができるのです!

しかし、飲食店の再来店率は決して高いものではありません。初めて来店してくれたお客さんが再び来店してくれる確率は40%と言われています。60%の人はなんらかの理由でもうお店には来てくれません。

2回来てくれた40%のお客さんが3回来店する確率は80%と言われています。

以降はどんどん離脱率は下がっていき、いわゆるリピーターとしてお店に足繁く通ってくれます。新規顧客を既存顧客にして、既存顧客を離反させないために具体的に何をするべきなのか次の章で紹介します。

リピーターを増やすには?


新規顧客より既存顧客を生み出す方がコストがかからないとは言ったものの、リピーター確保のためになんの対策も行なっていなければ新規、既存顧客共に獲得はできないでしょう。

美味しい料理やドリンクを出すのは飲食店として当然です。それを大前提としてリピーター獲得のために何を行うべきか5つ紹介します!

SNSの活用

若者問わず、多くの世代で様々な種類のSNSが流行している昨今、これを使わない手はありません!特に飲食店におけるリピーター獲得に効果的なのが【LINE@】というSNSサービスです。

しかし私たちが普段使っているLINEとは少々毛色が異なり、ビジネス向けのLINEアカウントという位置づけのSNSです。

一般のLINEユーザーへの情報発信やコミュニケーションに活用できて、私たちが普段使うLINEが「1対1」でコミュニケーションを図るものとすると、LINE@は「1対多数」で情報発信、コミュニケーションを行うのに特化したSNSです。

無料版と有料版があり、無料版では月に1,000通メッセージの送信が可能で、他にもクーポンの発信やタイムラインを友達になってくれているユーザーに送信することができます。

普段LINEを使っている人が多いだけに、見逃されることが少なく新鮮な情報を効率的に届けることが利点です。また、お客さんと直接コミュニケーションを取ることもできるので、予約などの受付にもうってつけです。

しかし、多くのお店でLINE@はすでに使われていて、文面やサービス内容の差別化が必要不可欠です。
ありきたりの内容だと開封率が低く、工夫を凝らして、目の肥えたユーザーに見てもらえるようなメッセージ作りを心かけましょう!

クーポンもいいけど・・・

リピーターを獲得に貢献するアイテムとして真っ先に浮かぶのがクーポンという方も少なくないと思います。確かに、グルメサイトにクーポンを載せて集客を行なっているお店や、次回来店時に使える割引クーポンをお会計時に渡すお店も多いのではないでしょうか?

しかし、クーポンの利用には意外な落とし穴があるので注意が必要です。

まず、グルメサイトにクーポンを掲載して集客を行なっていると違うお店が自分のお店より魅力的なクーポンを掲載していればお客さんは流れてしまいます。

お店の魅力ではなく、あくまでクーポン勝負になりがちで、グルメサイトを見ている客層も1円でも安いお店を探しているため、常にクーポンを出し続けないと顧客を獲得できない状況に陥る可能性があります。

また、お会計後に渡すクーポンもたかだか数百円で離反を食い止めるのには限度があるでしょう。

そこで提案したいのが店長、店員さんから直接1品サービスするという方法です!

「こちらお店からサービスです」と言われてカクテルや料理を渡した方がクーポンと同じ値段、それ以下のものでも幸福度が格段に違います。むやみにクーポンに頼るより、気の利いた1品をサービスしてお客さんの記憶に残ってもらう方が効果的ではないでしょうか?

クレジットカードの導入

飲食店全体で考えた時、クレジットカードで支払いが可能なお店は約20%と言われています。

居酒屋では40%、カフェでは9%とばらつきがあるものの、導入率で考えると飲食業界はクレジットカードが使えるお店は多くありません。

しかし、21%のお客さんはクレジットカードが使えないお店には行かないというデータが出ています。
Square調査、カード決済非対応が店舗経営の機会損失につながることを明らかに

さらに、クレジットカード使用者の方が生活費をたくさん使う=収入が多いというデータも出ています。機会損失を防ぎ、上顧客確保のためにもクレジットカードの導入は絶対と言えるでしょう。

ポイントカード

ポイントカードもリピーター確保に有効なアイテムです。

ポイントカードでリピーター獲得〜〇〇回目の来店が鍵!〜
詳しくはこの記事に記載していますが、簡単に内容を説明します。

先ほども説明したように、2回目来店してくれる否かがリピーターになるか離反するかの分岐点です。そこでポイントカードの最初の特典授与ゾーンを2回目に設定することでリピーター獲得を狙いましょう!!

2回目の来店なのでそこまで立派なものである必要はありませんが、お得感がある特典を用意しておくことでリピーターになってくれる可能性が高まります。もちろんサービスや商品の満足度あってこそですが、他店に行こうか悩んでいた時の後押しになることは間違いありません!

他にもポイントカードに関するリピート獲得テクニックが記載されているのでお時間ある方はぜひお読みください。

魅力的な接客、人材を育てる

料理の味や、メニューの数、値段設定はもちろん大切ですが、それをも凌駕しうるのが人の力です。「あの店員さんに会いたい」、「店長さんと話しながら飲みたい」というように従業員さんに会いにお店に足を運ぶお客さんも多いのではないでしょうか?

このようなお客さんはよっぽどの理由がない限り離反しない、非常に強力なリピーターになります。そのためにも些細なことでも良いのでフランクにお客さんに話しかけてみることが重要です。

当たり障りのない天気の話でも結構です。お店側からコミュニケーションを始動して、お客さんの反応を見てみましょう!

宴会客をリピーターに!


本記事を制作している12月中旬はまさに忘年会真っ只中です。忘年会のお客さんを常連客に取り込めたら非常に心強いですよね?

そのために必要なのは忘年会でお店に来てくれたその日の満足度です。居心地が良い、接客が良い、料理が美味しいなどなんら普段の営業と変わらないことも多くあるでしょう。

しかし、忘年会特有の満足度を高める方法もいくつかあるので紹介します!

まず、二次会会場を探す幹事さんへの心遣いです。
忘年会において会場を探すのは大変な作業で本業の仕事より骨が折れる作業かもしれません。

そこで、お店の予約状況などに余裕があればそのまま時間を延長できる旨を伝えましょう!幹事の負担が減って、感謝されるのに加えて利用者全体の満足度向上に繋がるかもしれません!

また、幹事さんの名刺を貰っておくことで新年会や新社員歓迎会など事あるイベントごとに営業をして、常連さんにすることも可能でしょう。

しかし、お店のサービスが不十分で、提供が遅い、新人しかいない、サービスが悪いなどとならないようにシフト構成することが必要です。とはいえ、忙しくて熟考してシフトを組む時間もないという責任者の方も多いと思います。

そこで紹介したいのが【らくしふ】というシフト管理ツールです!

今いる人材を最適に分配、配置するために行うのがシフト管理の役目です。

そのシフト管理に何時間も費やしていてはなんの意味もありません!

操作は非常に簡単でマニュアル不要、基本的にワンタッチ、ワンクリックで操作可能なので、「今まで使ったツールが難しかった」、「機械に弱くて・・・」といった方にもぴったりです。

従業員様から見ても魅力的なのがシフトの提出、完成したシフトの確認が全てLINEで行えちゃうんです!!人材不足でお困りの会社や店舗間で多く利用するであろうヘルプのやりとりも簡単に行えます!

また、シフトを提出していないときはLINEに通知が来るのでメールに比べて見逃すことも少なく、提出率が格段にアップします!

実際に【らくしふ】をご利用のお客様から「シフト作成時間:94%減」、「シフト提出率:40%UP」というお声をいただいています。

完全無料トライアル中なのでぜひこの機会にお試しください!

資料請求/トライアルはこちら

ご登録やご質問の連絡もLINEで行えるので気になった方は上のボタンを押してください!詳しい商品ページに移行します!

「少しでも早く帰りたい」、「余計な人件費を払いたくない」とお考えの方におすすめです!

関連記事

  1. アルバイトの育成無くしてお店の繁栄なし!

  2. 食べ放題、飲み放題が儲かるのはなぜ?〜簡単に元が取れない理由〜

  3. 売れ筋商品はこれだ!ABC分析で利益拡大!

  4. 飲食店におけるクレーム対応の極意

  5. 人材不足に効果抜群!ヘルプを上手に使う方法!

  6. 外食産業にITは必要ないのか?〜すぐできる業務IT化のススメ〜

  7. アルバイトの教育に必要なこと〜面接時から教育は始まっている〜

  8. 店舗を出店する時に確認したい4つの項目

  9. 飲食業界で人材不足が発生するのはなぜか?

最近の記事

人気記事

PAGE TOP