注目の記事 PICK UP!

ポイントカードでリピーター獲得〜〇〇回目の来店が鍵!〜

今やどこのお店も活用していて、あなたのお財布にも何枚か入っているであろうポイントカードですが正しく運用できていますか?上手に使えばリピーター獲得の強力な武器になりますが、失敗すると様々な損失を被ることになる諸刃の剣です。今回は店舗による上手なポイントカード活用術を紹介していきたいと思います!

ポイントカード導入のメリット3選


まずはじめにポイントカードを導入することによって生まれるメリットを紹介していきます。周りの店舗が導入しているからなんとなく導入していては効果が生まれにくいです。

意図を理解して正しく運用しましょう!今回は数多くあるメリットの中から得に効果の高い3つを紹介します!

リピート来店の促進

ポイントカード導入における最大の目的として、来店してくれたお客さんがまた来てくれるためのきっかけ作り、リピート来店の促進です。

ポイントが貯まることで特典がもらえるお得感を出すことで、ポイントカードを持っているあなたのお店にまた来てもらえる可能性が上がります。

しかし、多くのお店がポイントカードを導入しているため差別化が難しくなってきているのも事実です。より有効にポイントカードを導入し、他店との差別化を図る方法も後述しますので乞うご期待!

客単価の向上に期待できる!

「本日ポイント〇〇倍!!!」、「〇〇円以上お買い上げでポイント〇〇倍!!!」というようにポイントを多くもらえるキャンペーンを行なっていると財布の紐が緩みやすくなります。
 
「あと少し買えばポイントが倍になる!」といった状況なら本来買う目的ではなかったものまで購入してくれる可能性が高まります。その際、キャンペーンを行なっている趣旨をしっかり伝えられるように声掛けやPOPによる告知を怠らないようにしましょう。

顧客情報の把握

ポイントカードがPOSなどと連動していれば重要顧客の把握も容易に行えます。

お客さんの来店頻度や支払い金額を分析し、それぞれのお客さんに合った宣伝ができれば売上アップを見込めます。POSと連動していない紙のポイントカードでもどれぐらい溜まっているか確認することでコミュニケーションの助長に繋がります。

多く溜まっているお客さんには「いつもありがとうございます」、2、3回目の来店のお客さんには「これからもよろしくお願いします」といった具合に来店頻度の違いで接客方法も変わってきます。

ポイントカード導入によるデメリット


ポイントカードはリピーター創造にうってつけのアイテムですが、使い方を間違えると逆効果になる恐れもあります。

【100回来店でカット1回無料!】という美容院があった場合、あなたはその美容院にまた行きたくなるでしょうか?とても腕が良くて、接客もよかったとしてもこのようなポイントカードでは逆効果です。「あと99回も来れない」というマイナスな印象を与えてしまい、客足は遠のいてしまいます。

この例は極端ですが、ポイントを貯めた特典までの道のりが果てしないものだと成功体験が想像しにくく、マイナスなイメージを植えつけかねません。

また、特典の恩恵があまりにも少ないのも考えものです。経営のバランスを考えて、お客さんが貯めてよかったと実感できるぐらいの特典を用意しましょう。

ポイントカードを効果的に使うコツ!


メリットがわかっても効果的に運用できなければ絵に描いた餅です。先述した通り、ポイントカード制度自体珍しいものではなくなっているのでライバル店舗との差別化も必要です。

そこでポイントカードを導入する際に効果が高まるコツを紹介します!

エンダウド・プログレス効果

最初に紹介したいのがエンダウド・プログレス効果を利用したものです。

エンダウド・プログレス効果とは人はゴールに近づけば近づくほどモチベーションを上げようと努力する効果のことです。

これをポイントカードに組み込みます。例えば合計10ポイントで特典プレゼントというポイントカードを作ったとしましょう。来店した時に1ポイントだけあげるのでは芸がありません。際立った何かがないとそのポイントカードは忘れ去られてしまいます。

そこで合計12ポイントで満タンとした場合、初回来店時は3ポイントという仕組みを作ることをオススメします!!

どちらにせよ残り9ポイントですが、持ち点が1ポイントなのとすでに3ポイントあるのではモチベーションが大きく変わってきます。とある調査の実験では後者の方式でポイントカードを渡した方がポイントを全部貯める割合がなんと82%も高かったようです。

エンダウド・プログレス効果を使わない手はありません!

2回目の来店が鍵!

飲食店の場合、初めてきてくれたお客さんがまた足を運んでくれる確率はおよそ40%と言われています。しかし、2回来てくれたお客さんが3回来店してくれる確率は80%と一気に跳ね上がります。

そこでポイントカードの最初の特典授与ゾーンを2回目に設定することでリピーター獲得を狙いましょう!!2回目の来店なのでそこまで立派なものである必要はありませんが、お得感がある特典を用意しておくことでリピーターになってくれる可能性が高まります。

もちろんサービスや商品の満足度あってこそですが、他店に行こうか悩んでいた時の後押しになることは間違いありません!

ポイントカードは諸刃の剣

今回はポイントカードの有効活用術について説明してきましたがいかがでしょうか?効果的に使えば顧客満足度を高め、リピーター獲得の一端を担ってくれますが、使い方を間違えると売上の減少を招いてしまうので注意が必要なのは先述の通りです。

ちょっとした工夫で期待できる効果が倍にも半分にもなるので導入の際はよく考えて運用するようにしてください!

関連記事

  1. アルバイトの育成無くしてお店の繁栄なし!

  2. 外食産業にITは必要ないのか?〜すぐできる業務IT化のススメ〜

  3. 飲食店で働くメリットについて本気出して考えてみた

  4. 店舗の経営改善に必要なこと〜AIDMAを使いこなそう!〜

  5. 自分で出来る!飲食店におけるゴキブリ駆除方法

  6. 回転率を上げる3つの秘策!〜回転率と稼働率を上げて売上アップ!〜

  7. 正しい原価率を知ろう!〜飲食店における原価率30%の罠〜

  8. アルバイトの教育に必要なこと〜面接時から教育は始まっている〜

  9. 売れ筋商品はこれだ!ABC分析で利益拡大!

最近の記事

人気記事

PAGE TOP