注目の記事 PICK UP!

人気バイトのシフト提出方法とシフトの特徴11選

アルバイトをする上で重要視するポイントの1つがシフト。シフト提出の方法は?固定シフトか?自由シフトか?何週間分提出しないといけないの?などなどこれからアルバイトをする人、違うアルバイトがしたい人に向けて、様々な業種業態のシフト事情を「シフトの提出方法」と「シフトの特徴」の観点から紹介していきます!

ファストフード


アルバイトを多く雇い、若者から人気なのがファストフード業界!中でもアルバイトに人気のお店はどのようにシフトを出しているのでしょうか?紹介していきます!

マクドナルド

ファストフードといえばマクドナルドを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?アルバイトの数はなんと全国14万人(2016年時)で、老若男女問わず多くの人が働いています。

シフトの提出方法
「websmile」というマクドナルド専用のシステムを使ってパソコンや携帯電話からシフトを提出します。確定したシフトは店舗にしか張り出されないようです。そしてシフトを確認したらチェックサインをつけます。

どうやらこれは「確定したシフトを確認しました。」という意味も込めて店内で張り出しているようです。

シフトの特徴
店舗によって異なると思いますが、いんぷるー部調べによると1週間、または2週間ごとに希望のシフトを提出し、それを店長やマネージャーが組み込んでいくようです。
人が足りない時は出勤して欲しいと要望がかかることもあるようですが、基本的には希望が通りやすいと思われます。

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

ロッテリア

個性的でバリエーション豊富なメニューがウリのロッテリア。若者から人気のあるアルバイトです。

シフトの提出方法
「e-m@te」というロッテリア専用のサービスを使ってパソコンや携帯電話からシフトを提出します。確定したシフトも「e-m@te」上で確認できるため、お店から遠い従業員さんなどから重宝されているようです。

シフトの特徴

ロッテリアのホームページでも紹介されているようにシフトの融通が効く、自由シフトを採用しています。
ロッテリアホームページ

具体的には月1回、または2回のところが多いようで、シフトを入れた日にどうしても休まなければいけない時は代わりに出勤してくれる人を見つければ問題ない店舗もあるようです。

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

吉野家

「早い、安い、うまい」の三拍子を兼ね備えた庶民の味方といえば吉野家です。アルバイトの数も8,000人以上で時給も高めで人気のアルバイトです。また、まかないは定価の6割引で食べることができるので吉野家好きにはたまりません!

シフトの提出方法
シフトの提出は社内独自のシステムはなく、メール、LINE、紙で提出するところなど店舗によりけりのようです。

シフトの特徴
1ヶ月に1回、もしくは2回希望のシフトを提出する自由シフトの形式です。それを元に店長や責任者がシフトを構成します。

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

松屋

牛丼を軸に定食や丼ものなど多くのメニューを展開するのが松屋。食券で注文を行うため、注文を聞く、お金をもらう、お釣りを渡すというオペレーションがないのはアルバイトからしても助かるポイントです。

シフトの提出方法
会社独自のシステムはなく、紙で提出したりLINEで提出したりと店舗によって提出方法は異なります。

シフトの特徴
月2回、自分の希望日を提出するのがメインのようです。そのため、融通が効きやすいですが、見込んでいたより出勤できないこともあるようなので注意が必要です。

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

ファッション


ネットでのショッピングが普及しても実際に試着したり、生地を確かめたいといった理由から店舗が多くあるファッション業界。

「服が好き!」、「将来ファッションに携わる仕事がしたい!」という理由からファッション業界でアルバイトをしたいと考える方も多くいるのではないでしょうか?そんなファッション業界で人気のアルバイトのシフト事情がどうなっているのか調べてみました。

ユニクロ

ファストファッションの先駆け的存在として多くの人に愛されるユニクロですが、アルバイトの数も3万人と大変多い人数となっています。そんなユニクロのシフト事情は以下のようになっています。

シフトの提出方法
主に紙で提出したり、店舗に置いてある専用のノートに書き込み、店長や責任者がシフトを作成することが多いようです。

確定したシフトの確認も店舗に張り出されているものを確認します。最近ではグループLINEに写真が完成したシフト表の写真が送られてくることも多いようです。

シフトの特徴
ユニクロのシフトは1週間ごとにしか開示されませんが、1ヶ月に1度シフトを提出しないといけない店舗が多いようです。そのため、少し予定を組むのが難しいところもありますが、急に来週予定が入った時などは、シフトがまだ発表されていなければ柔軟に対応してもらえる模様。

また、従業員構成もしっかり考えてシフトが組まれているため、シフトの交換は基本的に禁止されている店舗もあります。

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

GU(ジーユー)

ユニクロと同じファーストリテイリングが運営するGUですが、より若者をターゲットにした格安ファッションブランドです。ユニクロもGUも社割で30%OFFで洋服や小物を購入できる点も魅力の1つです!

シフトの提出方法
ユニクロと同じで社内で利用しているシステムはないと思われます。紙で提出したりノートに書いたものを社員さんや店長が希望を汲み取りつつ、最適な人材配置を行えるようにシフトを作成します。

シフトの特徴
シフトの提出は月に1回で、ユニクロと同様に1週間毎に確定したシフトが発表されます。急な予定が入った場合は店長や社員と相談することでお休みがもらえることもあるそうです。

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

カフェ


おしゃれに働きたいという理由から特に女子から大人気なのがカフェでのアルバイト。店舗数やブランドも年々増え、アルバイトの需要も高まっています。

そんなカフェでのシフト事情をお店毎に見てみましょう!

スターバックスコーヒー

おしゃれなドリンクが大人気のスターバックス、通称「スタバ」ですが、スタバでアルバイトをしたいという人が多くいらっしゃると思います。
また、出勤時、休憩時、退勤時のそれぞれで好きなドリンクを飲むことができるというスタバ好きにはたまらない福利厚生が付いているのも人気の理由でしょう。

そんなスタバのシフト事情は以下のようになっています。

シフトの提出方法
調査の結果、スタバ独自のシステムを活用していて、店舗のパソコンから希望のシフトを打ち込んで提出します。
確定したシフトは週ごとのシフト、1日ごとの役割分担や仕事の詳細が書いてある紙が店内の待機部屋に貼ってあるようです。

シフトの特徴
スタバのシフトは毎週3週間後の希望シフトを提出することになっています。そのため、予定は組みやすいです。

しかし、毎週シフトを提出しなければいけないので、店舗から離れている従業員の方はシフトを出すためだけに足を運ばなくてはいけないこともあるかもしれません。

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

タリーズコーヒー

チェーン展開しているカフェでフードが充実していると言われているのがタリーズでしょう。美容に気を使った商品も多く、人気のカフェチェーン店です。

タリーズのシフト事情は以下のようになっています!

シフトの提出方法
シフトの提出方法は独自のツールを使わず、紙やLINEで提出しているようです。確定したシフトを店舗で確認するのが主なシフト確認の方法となります。

シフトの特徴
半月に1回づつの計2回、希望のシフトを提出する店舗が多いようです。そのため融通が効いて、プライベートとアルバイトは両立できそうです!

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

ドトールコーヒー

価格が安いカフェチェーンといえばドトールではないでしょうか?個人的には1番お世話になったカフェです。

ドトールのシフト事情はこちら!

シフトの提出方法
シフトの提出方法は紙やLINEがメインのようです。確定したシフトもエクセルなどで店長や責任者がまとめたものが印刷されて店舗に貼られているのを確認します。

シフトの特徴
半月に1度、2週間分の希望シフトを提出します。自由度は高く、休みたいときに休めて、出勤したいときは出勤できる環境の店舗が多いようです!

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

まだある!人気のアルバイト!


ここまでジャンルごとに人気アルバイトのシフト事情を紹介してきましたが、ここからはジャンル問わず、人気のアルバイトのシフト事情を紹介していきます!

カラオケ店やファミリーレストランはどのようにシフトを提出し、どんなシフトの特徴があるのでしょうか?

ジャンカラ

人気のカラオケチェーン店として関西を中心に展開しているジャンカラ。「カラオケ大好き!」という方や、営業時間が長いので、「深夜に稼ぎたい」と考えている人に人気のアルバイトです。

シフトの提出方法
「PandA」という従業員専用のサイトでシフト提出を行います。そのため、店舗まで行かずにスマホやパソコンからシフト提出が可能なのは嬉しいポイントでしょう!

シフトの特徴
半月に1回希望のシフトを提出します。
勤務時間は基本的には開店から18:00、18:00~23:00、23:00~閉店と3つの時間帯で区切られていますが、早く上がったり、長めに残ったりすることも店舗によっては可能のようです。

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

ジョナサン

ファミリーレストラン最王手のすかいらーくグループの一角を担うジョナサン。すかいらーくグループは調べてみた結果、どの店舗も基本的なシフト事情が同じ模様です。

シフトの提出方法
シフト提出の必要は基本的にないようです。理由はシフトの特徴をご覧ください。

シフトの特徴
シフト提出の必要がない理由は固定シフト制を採用しているからです。

そのため、毎週決められた曜日・時間に入るのでわざわざシフトを出す必要はありません。もし急遽出勤できない場合は責任者に相談し、代わりに出勤できる人を探すようです。

(独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。)

アルバイト目線でシフトはかなり大事!!!


11業態のシフト事情について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?アルバイトをする上で、シフトが柔軟に組めるのか、休みが取れるのかはかなり重要な要素になります。

しかし、店舗、企業側からするとシフトが埋まらないとお店が回らないのでなるべく急な欠勤は当然ですが受け入れてくれません。今回紹介したようなチェーン店ならヘルプを多く使ってお店を回すことが多々あると思います。

ただ、ヘルプを使うとなると店舗間のコミュニケーションに手間がかかるため、敬遠されがちなのが現状です。もっとヘルプが使いやす環境にあれば、アルバイトのシフトは柔軟さが増して、出たいときに出られる、休みたいときに休める環境になるかもしれません。

そこで紹介したいのが【らくしふ】というシフト管理ツールです!

シフト作成時のヘルプ機能はどのサービスより使いやすいと評判が非常に良いサービスになっています!

ヘルプを使うときに発生するめんどくさい、手間がかかる店舗間でのやりとり、責任者と従業員間のやりとりを大幅に削減できます。未だに紙でシフト管理を行なっているお店が大変多いというのは皆さんも本記事で感じたと思います。

特に、わざわざシフトを提出しに行かなくてはいけなかったり、シフトを確認しに店舗に行かなくてはいけないのはかなりの手間ではないでしょうか?

【らくしふ】ならLINEでシフト提出、確定したシフト確認ができるのでそういったストレスからも解放されます!
今まで他サービスを使ってみたがイマイチだった方や、興味はあるけどサービス自体使用経験がない方におすすめのサービスです!

アルバイトの方がこの記事を見ていたら是非ご自身の店舗の店長さんに紹介してみてください!

完全無料でトライアル実施中なので1度お試ししてみてはいかがでしょうか?

資料請求/トライアルはこちら

(繰り返しになりますが、各企業のシフト事情は独自調査のため情報が古かったり、店舗によって異なる場合もありますのでご了承ください。実際に店舗に問い合わせることをオススメします。)

関連記事

  1. 飲食店の人件費の減らし方〜アルバイトの人件費は変動費〜

  2. LINEでシフト管理を行う注意点とおすすめツール

  3. ほんとにあった怖い話〜LINEでシフト管理編〜

  4. 完全保存版!シフトの作り方と注意点〜シフト作成のポイントとは?〜

  5. 飲食業界で人材不足が発生するのはなぜか?

  6. アルバイトが働きたい理想の労働時間〜短時間シフトのススメ〜

最近の記事

人気記事

PAGE TOP